健康診断を受けて生活習慣病を予防する

【他人事ではない生活習慣病】

代表的な生活習慣病と言えば肥満、高血圧、糖尿病などでしょう。これらの症状は風邪やインフルエンザのように、突発的に発生することはありません。日々の悪習慣の積み重ねにより、少しずつ不健康になっていくわけです。

【気付かないうちに生活習慣が乱れていることも】

生活習慣病の多くは、ある程度症状が進行するまで自覚症状がまったくありません。肥満などは体型として現れますが、高血圧や糖尿病などは初期の段階ではほとんど異常が出ません。

健康診断を受けることは、生活習慣病を予防するために効果的です。生活において何に注意すればよいのか良くわかるので、非常に安心できるでしょう。

食生活の指導もしてくれるので、脂肪を抑えて魚・野菜を増やすなどと具体的な対策ができます。

間違った生活習慣を続けていることが原因で起こるのが生活習慣病であり、予防するためにはそこに気づくことが大切です。

不規則な生活が継続すると、その習慣が自分にとって普通になってしまいます。1年に1回の頻度で健康診断を受ければ、適正体重を維持するためにも役立つでしょう。

【肥満は生活習慣病の入り口】

肥満というのは摂取カロリーが消費カロリーを上回ることで生じる生活習慣病であり、放置することで糖尿病や高血圧、高脂血症などを招きます。これらを予防するためには何よりも適正体重を維持することが大切です。

健康診断を受けることは、生活リズムを整える上でも役立つことです。運動や睡眠・ストレスなどに関する医師のアドバイスも受けられるので、不規則な部分はすべて解消していきましょう。

都内でオススメの健康診断・人間ドックの受診ができる病院

湘南メディカル記念病院

多くの診療科を設置していますので、相談などにも専門的なアドバイスももらえます。

特に消化器内科専門ドックをしている珍しい病院でもあります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする